日本経済新聞に弊社の開発中事案が掲載されました

3月21日付の日本経済新聞(朝刊)11面(中小企業欄)に
開発中である「前を向いて点眼できるIoTを活用した点眼デバイス」が
掲載されました。

その開発製品は、緑内障の点眼治療の課題
(高齢者等の患者は適量を正しく点眼する動作自体が困難で、副作用で死者まで発生)に対し、
前を向いた自然な姿勢で点眼でき、圧電射出ヘッド方式により1回の点眼量を定量的に制御することに加え、
IoT技術により「点眼有無・点眼量・日時など」を眼科医が把握できる製品です。

「緑内障の薬、正確に点眼 京都マイクロシステムズ」(日本経済新聞)
http://webreprint.nikkei.co.jp/r/LinkView.aspx?c=D070F16CF95D4E6B9E3DF1CD2D9F868F

日本経済新聞社許諾済